忍者ブログ
下手ですけどね(笑)上達方法やFPSネタを中心に記事を書いてます
2020/07月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回は、馬さんの言動が空回りする前まで話しましたね。
で、ここから馬さん自身の行動によって、馬さんの株が急降下します。

まず、チーターではないという証明として、クエイクの手元動画をアップしますが、手元と実際の映像が合っていないとして批判を受けます(私の目からは分かりませんでしが、ん~言われて見れば~といった感じ)。そして、Twitterとかで「オフラインで証明しろ」という声が多数上がりますが、馬さんは「私が得るものが一つもない」という理由から拒否。

「信頼を得る」というのも大事だと思うけど…その証拠に、馬さん、信頼欲しさに他人の生放送で自演コメントをして自分を擁護します。これが完璧にバレてしまって、「馬=チーター」ということが濃厚になってしまい馬さんの立場が悪くなってしまいます。





更にその後、とあるFPSプレイヤーの生放送に馬さんが凸します。
そこで馬さんは自分が自演したことを認めた上で、「どうすればチーターじゃないと証明できますか?」という旨の質問をします。この質問自体、著名人からすれば「?」という感じだったと思いますが…「あなたの場合は、オフ検証でスーパープレイヤーと証明する他に選択肢はない」、という返答をもらい、馬さんは「じゃあチーターでいいですよ」と言い残し、関連動画やコミュニティを削除して逃亡します。CODのクランも事実上、脱退となりました。

以上が年末馬騒動の流れですね。
未だにチーターだったか・スーパープレイヤーだったか、という論争が繰り広げられていますが、私には両方に理解できる部分があるので何とも言えない感じです。


ただ、一つ馬さんに欠点があるとすれば、全く機能的な言葉や専門的な話をしなかったという部分でしょうか。ご自身でも15年以上FPSを続けて研究もされていたそうなので、知識については相当なものになっていたはずです

でも、有名人やニコユーザーから、チートと思わしき部分の説明を求められた時、その答えが「チートじゃない。なぜなら人が十分に反応出来る範囲だからだ」の一点張りだった記憶があります。もっと具体的に、前後の流れも話した上で、ここがこうなったから私はこう行動した、と一つ一つ丁寧に回答していけば、また別の結果になったんじゃないかと思っています。

質問した時の答えが、「努力の結果」の一点張りだったら、そりゃあ質問してる側も「はあ...」となるのも仕方ないし、疑いが濃くなるのも否めませんよね。


まあ、私の感想はそんな感じです。
今後、また馬さんが復活するのであれば、今度はちゃんと皆に向き合ってほしいなと思います。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
麦茶
性別:
非公開
P R

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]